yohakuが大切にしている3つの事


 

つい、手に取ってしまう服

 

朝起きて、今日着る服を選ぶとき、

アレコレと考える前に “ふと” 手がのびる服。

無意識に、身体が、心が、選ぶ服。

そんな服を目指して、できる限り年齢や性別の壁を感じさせない、

シンプルで飽きのこない日常着を作っています。

 

日本で作られた特別なカットソー素材を使用



yohakuの製品は国内の優れた技術で作られているカットソーを使用しています。

日本国内には日本人の感性・感覚が細やかに反映されている工場が各地にあります。

その技術は海外のブランドで高い評価を得ています。

「日本で作られた特別なカットソー」をもっと身近に着てほしいなと思っています。

 

買いやすい値段をデザインする
 

 

生産現場に足を運び、直接話をすることで気づきや学びが沢山あります。

生地を作るとき、縫製をするとき、無駄がでないように作ることで、

コストを抑える事ができます。

それは、私たち消費者が喜ばしいことでもありますが、生産者にも無理な負担がかかりません。

yohakuは生産者側の立場を考えた服作りをしています。



自分達が思いつく限りの “最善” を尽くして

yohakuは、これまでもこれからも

売る人、買う人、作る人が豊かになる

服作りを続けていきます。