広島県 備後地方で江戸時代に生まれ 現在に織りつづけられる備後絣
この土地の生活、景色を織りのなかへ、息をふきこむように伝えてきた
綿をそだて、糸をつくり、藍で染め、機を織る 
着物にし、繕い、いずれ土に還るまで。
その中にたのしみをもつことは、いまにもつづいている

備後節織(びんごふしおり)

備後絣(びんごがすり)から派生した新しい生地のブランドです。
織り糸に膨らみのあるポコポコとしたネップ(節)が入っていて、手織りのような温かみのある素朴な風合いがします。

(刷毛目柄 墨)


(小雨縞 藍)

現在にのこる2軒の織元
昭和40年代ごろものすごく流行り、250社あった織元は、衣服の変化とともに縫製工場などにかわり現在のこるは2軒のみとなりました。
自分で裁って着物を縫うことができない時代に、着尺(小巾)が売れるのは限度があるので、それより服地として使われる広巾物にきりかえ生産をつづけています。


森田織物 (昭和38年創業)






糸の染めは、すべて天然染料をつかっています。
柿渋は染めたときはグレーですが、お天道様にあてると色がかわります。
藍染めも陽の当たり方、夏と冬で色がかわり、毎回同じ色はでないそう。
織機は、自分で手入れして使い、部品が壊れたときは売っていないから、オーダーしてつくってもらっているそうです。

 
橘高兄弟商会(大正9年創業 )
 





芦田川水系の清らかな地下水が湧きでる土地で 糸の染め、洗い、織り、製品までを一貫生産しています。 

天然染料(柿渋、アカネ、ザクロ)化学染料など多種類をつかい、色バリエーション豊富な生地をつくっています。 
藍に草木を混ぜると、緑がかった古布のような感じになったり、
柿渋染めはストレートのままで媒染をいれていないが、井戸水があたると鉄媒染がかかったように染まります。
新しい色、柄、自ら着たいと思う生地をつくりたりと日々考案しています。

 
糸を染める
藍や柿渋、墨汁などの染料で染色し 天日に干して色をなじませる
天気の様子をみて作業を進める 晴れの日を待つこともしばしばある

糸を織る
昭和30年代に製造された旧式のシャトル織機で、ゆっくりゆっくり織る
1日1反=約30メートル
織機に立ち合い、糸を入れたり調整したり、付きっきりで作業する

*シャトル織機=昭和30年代の旧式シャトル織機 上下に開いた経糸の間に、緯糸を内蔵したシャトルを使い左右に動かして糸を打ち込みゆっくりと織る 木綿ならではのやわらかい風合いを生かして織ることができる