余白のワンピース第3便、はじまりはじまり〜!今年はあっという間に冬の気候になりつつありますが、寒い間の着こなしは楽しかったりしませんか?重ね着の色や異素材の組み合わせ。家でも外でもあったかいものに包まれたい。
今回の余白の長袖ワンピースはあくまでもベーシック。組み合わせしやすい落ち着いたカラーで、冬に向けたややしっかりめの生地で作りました。今回は日常に寄り添った「リアルにありそう」というコーディネートをご紹介しながら、ワンピースのポイントをお伝えしていきたいと思います。それでは早速いってみよー!








「お家でリラックス」
着用:長袖ワンピース 柄ブラウン、茶綿ジップパーカー(チャコール サイズ2)、
茶綿スウェットパンツ(キナリ サイズ1)
余白のワンピースはカットソー素材(伸びる生地)なので、動きやすくお家のリラックスウェアとしても最適
上下余白の定番茶綿パーカー(チャコール)にスウェットパンツ(キナリ)を着用してさらにリラックス〜。







「ちょっとおめかし」
着用:長袖ワンピース(スモーキープラム)、Elementum ZERO(店頭販売)、レギンス(私物)

お店番してる風。こんな風にニットや異素材の小物を少し取り入れるだけであったかそう。
気候に合わせて羽織るものを変えることで年中着ていただけるのも余白のワンピースの最大のポイント!







「オフィスレディになれないけど仕事してみる」
着用:長袖ワンピース(スモーキーグリーン)、"bukkomi"スヌード ゴールド、帽子とパンツ(私物)

ニット帽にニットのスヌードのあったかいものに包まれてるカジュアルなコーディネート。
足元は見えないですが、細身のパンツと合わせています。
袖周りはだぼだぼしないので、手作業するのにも向いています。







「外にお出かけ」
着用:長袖ワンピース(チャコール)、吊り天竺シャツジャケット(チャコール サイズ2)、
レギンス(私物)

中にタートル、羽織にシャツジャケットで色を落ち着かせてフォーマルなコーディネートにしてみました。
長袖ワンピースは裾がフレアなので女性らしい雰囲気があります。
歩くたびにふわっと揺れる裾もかわいいですよ〜。


余白で長年ずっと作り続けきた、愛され続けてきた長袖ワンピースです。
今回は全部で9色。落ち着いたスモーキーカラーでコーディネートを楽しんでくださいね!!


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<ワンピースのお取り扱い方法>

長袖ワンピースの注意点その1 「生地感はバラバラ、サイズもバラバラです」

生地は残反(工場で余っている生地)で作っているので、見た目や厚みも色によって異なります。
また、染め方法もそれぞれ違うので(製品染めと反染めがあります)、同じ型でも若干サイズも変わります。
詳細は商品ページで確認してみてくださいね。
色も生地もサイズもバラバラ、だけどそれも「yohakuの再生」だからできる良さがあります。


長袖ワンピースの注意点その2 「お取り扱い方法はちょっと気にしてみて!」
カットソー(伸縮性のある生地)で作っているので、生地が伸びやすくなっています。
生地の伸びを防ぐために以下2点に注意してみてください。
・洗濯する際はネットに入れて、干すときは平干し
→平干しが面倒な方はそのままでも良いですが、
ネットに入れることで伸びを防ぐのでそれは必ずやってもらいたいです。


・乾いた後はハンガーにかけたままではなく、畳んで保管してください。
→ハンガーにかけておくとそこでまた伸びてしまうので、畳んでタンスにしまってくださいね。


長袖ワンピースの注意点その3「顔料染めは色移り・色落ちに注意してください!」
商品名に「顔料」と記載されているものは、ムラ感のでる顔料染め加工をしています。
色止めはしてありますが、摩擦や汗で雨で濡れたときに他の衣料品に付きやすいのでご注意ください。
お洗濯の際は白いものと避けて洗ってくださいね。